ターゲット・デバイスに実装する設計データが,タイミング・バジェットによって見積もった遅延の条件を満たしているかどうかを検証することをいいます.設計者は,設計ツールのタイミング・レポートを参照することで検証作業を進めます.例えばAltera 社の場合,TimeQuest というSDC(Synopsys Design Constraints)ベースの静的タイミング解析ツールをQuartus II と共に提供しています.