設計の際のタイミング制約を示す言葉の一つで,許容できる処理時間のことをいいます.例えば入力データのセットアップ時間を5ns としてタイミング・バジェットを見積もった場合,フィッティング後が3ns ならば,2ns の余裕がある,と解析することが出来ます.