設計したハードウェアが正しく動作するかどうかを確認するため,回路へ入力するデータをいいます.テスト・ベクタは,その期待値(入力に対して期待される出力値)を含む場合もあります.テスト・パターンやシミュレーション・パターンとも呼ばれます.