クロック入力を有し,そのクロックに同期して動く回路によって目的のアプリケーションを設計していく手法をいいます.このような設計の場合,非同期回路を中心とした設計に比べて,動作周波数を高く維持できます.また,タイミング検証を行いやすく,テスト容易性も向上する,という利点があります.