入力条件と現在の状態によって次の状態が決まる順序回路ステート・マシンと呼びます(図 1 を参照).状態遷移図でモデル化します.手順に従って制御を行う場合などによく使用します.