揮発性(電源を切ると内容が消える)の半導体メモリは,DRAM とSRAM の2 種類に大別できます.SRAMフリップフロップによりビットを記録するため,DRAM のようにリフレッシュ動作(メモリの内容が消えないように電荷を充てんする作業)が不要であり,高速・低消費電力のメモリとなっています.しかし,ビットを記録するのにフリップフロップを使用しているため,DRAM に比べると記憶容量は少なくなります.SRAM は高速動作が可能なため,CPU のキャッシュ・メモリFPGA論理ブロック内のLUT などに使われています.