ソース・シンクロナス・クロックは,送信側が送信データと共に同期用のクロック(出力クロック)を並走して供給するタイプの接続です.