導体を流れる交流電流は,その周波数が高くなるにつれ,導体表面のみを流れるようになる性質があり,これを表皮効果といいます.この表皮効果のため,高周波信号の伝送路は,その断面積が実質小さくなります.