グラウンドを電位の基準として,信号の電圧レベルにより“H”レベルと“L”レベルを決定する信号をシングルエンド信号といいます〔p.45 の図25(b)を参照〕.現在よく使われているシングルエンド信号の一つにLVTTL(Low Voltage TTL)があり,この信号は0.8V 以下の電圧を“L”レベル,2.0V 以上を“H”レベルとしています.差動信号では信号を送るときに2 本の信号線が必要になりますが,シングルエンド信号は1 本の信号線で送ることができます.しかし,シングルエンド信号はノイズの影響を受けやすく,数百MHz の高速な信号を伝送することは困難だと言われています.