回路設計において,その回路が正しく動作するかどうかを検証(シミュレーション)する必要があります.シミュレーションには,論理シミュレーションやアナログ回路シミュレーション,遅延シミュレーション,システム・シミュレーションなどが存在します.論理シミュレーションでは,HDL言語などで設計したデジタル回路の入力にテスト・パターンを与えて,その回路から出力される波形を観測できます.アナログ回路シミュレーションにはSPICE シミュレータなどが用いられます.