フリップフロップを直列接続(カスケード接続)した回路をシフト・レジスタと呼びます.シフト・レジスタの入力と出力がシリアル・データかパラレル・データかで,4 種類のシフト・レジスタが存在します.入力-出力が共にシリアル-シリアル(もしくはパラレル-パラレル)のシフト・レジスタはタイミングの調整などに使われます.入力-出力がシリアル-パラレルのシフト・レジスタは,シリアル・データをパラレル・データに変換する回路などで使われます.