論理回路は,組み合わせ回路順序回路の2 種類に分類できます.順序回路は,入力信号と順序回路の状態によって出力信号が決まるデジタル回路のことをいいます.そのため,順序回路には状態を記録できるメモリ(通常はフリップフロップを使用する)が必要になります.順序回路の典型的な回路に,フリップフロップカウンタなどがあります.