シリアル通信規格の一種で,パソコンと通信モデムや測定機器,FA装置などを接続するインターフェースとして広く利用されます.組み込み用途では,ソフトウェア開発のホストになるパソコンと開発対象の組み込み機器の接続に使用され,RS-232-C ケーブルを介してプログラムの書き込みやデバックを行います.RS-232-C を利用する際には,パソコンのCOM ポートを割り当てます.COM ポートを持たないパソコンについては,USB-シリアル変換器を挿入する必要があります.RS-232-C ケーブルには,ストレート・ケーブルと,TXD とRXD を入れ替えたクロス・ケーブルがあり,クロス・ケーブルを使用するとパソコン同士を接続できます.