CPU のアーキテクチャの一つにRISC があります.RISC の特徴は,命令の簡素化を行うことで命令長を固定(固定長命令)し,これにより命令をパイプライン処理しやすくしたことにあります.パイプライン処理により命令の並列処理と高クロック化が期待でき,CPU の処理能力を高めることが期待できます.ただし,命令の簡素化を行った結果,CISC タイプのCPU では1 命令で実行できた処理も,RISC では複数の命令で処理することになります.