ソフトウェアやハードウェアなどの動作を追うことで,その構成や仕様を調査することをリバース・エンジニアリングといいます.リバース・エンジニアリングを行うことで.より良い製品を開発できる面もありますが,知的財産権の侵害という問題もあります.FPGA の回路情報はPLD 内部やコンフィグレーションROM 内に記録されていますが,リバース・エンジニアリング対策として,この情報の読み取りを防ぐためのオプションが用意されています.