主にCPU などを構成する場合に,CPU の内部レジスタに情報を保持し,必要に応じてレジスタ内容を参照するような方式をいいます.