高速なディジタル信号の伝送において,信号の品質を評価するために用いられるデータパターンの指標の一つです.真の乱数生成はディジタル回路のみで構成することは困難ですが,疑似乱数であれば,LFSRなどの簡単な回路で生成可能です.このため,高速なディジタル信号の伝送品質を評価するために良く利用されます.