内部回路をユーザが任意の論理に書き換えることができるデジタルLSI をPLD と呼びます.ASIC には開発期間が長い,開発コストが高い,1 度回路を作ってしまうと変更できない,などの欠点があります.これに対して,PLD は何度でも論理の修正が可能であり,現在では,ASICプロトタイピングや仕様変更を伴うデジタル回路など,幅広い分野で使用されています.PLDFPGAの用語を使い分ける場合もありますが,広義の意味ではFPGACPLD などはPLD の1 方式として分類されます.