2002 年にPCI-SIG が発表した高速データ伝送規格です.これまでのPCI の(パラレル)バス接続をやめ,差動信号による1 対1 接続で実現するシリアル伝送方式を採用しています.複数のデバイスをバス接続する際にはスイッチを介する必要があります.現在主流のGen 1 と呼ばれる仕様Rev 1.x では,1 本の伝送線当たり2.5G ビット/s の伝送速度を実現可能です.次期規格のGen 2 と呼ばれるRev.2.0 からは,1 本の伝送線当たり5G ビット/s が可能になります.