Intel 社により規格化されたPC AT 互換機向けの組み込み周辺バス規格です.プラグアンドプレイ可能な周辺バスとして,ISA バスに対抗する形でPC AT 互換機に搭載されました.2000 年ころまではバス接続の32 ビットPCI が主流でしたが,要求されるI/O 速度の高速化に伴い,PCI-X,PCIExpress へと規格がアップグレードされていきました.最近ではPCI Express が主流となり,初期のPCI バス規格はレガシPCI と呼ばれます.PCI の仕様はPCI-SIG(http://www.pcisig.com/)により公表されています.