乗算器は,デジタル回路で乗算を行うための回路です.乗算器の基本的な考え方は,乗数と被乗数の各けたを表すビットから部分積を作り出し,部分積を足し合わせることで計算結果(積)を得ます.ビットの長い数字を扱う乗算器は回路規模が大きくなり,動作速度も遅くなるため,これらの欠点を解決するためのアルゴリズムが数多く考案されています(Booth アルゴリズムなど).最近のFPGA にはDSP ブロックと呼ばれる専用の乗算器が搭載されており,高速に乗算を行えます.