複数個のCPU コアを一つのLSI 上に搭載する技術をマルチコアといいます.2つのCPU コアを搭載していればデュアルコア,4つのCPU コアであればクアッドコアと呼ばれます.これまで,CPU の演算性能向上には動作周波数を引き上げることが有効とされていましたが,周波数の向上に伴って消費電力の増加が大きな問題となりました.現在は,動作周波数を上げる代わりにマルチコア化による演算性能の向上が主流となっています.