Mean Time Between Failureは,平均故障間隔と直訳されます.システムが故障してから,次の故障までの時間で,この値が大きい程信頼性の高いシステムであることを示します.LSIでもそのMTBFから信頼性評価を行うことができ,各デバイスメーカが評価レポートを公表しています.アルテラ社では,109をMTBFで割った,FIT(Failure in Time)という値で公表しています