make コマンドでソフトウェアのコンパイル作業を自動化するために必要なパラメータやソースの依存関係を指定するファイルです.複数のソースで構成されているプログラムについて,変更したソースのみに再コンパイルを実行するなどの指示を与えるとコンパイル時間を短縮できます.