一般には,複数の基本回路のセルを組み合わせて構成した規模の大きいセルをマクロセルと呼びます.従来のCPLD の場合は,それを構成する基本論理ブロックマクロセルと呼んでいます.CPLDマクロセルはプログラマブルなAND と固定OR の論理アレイ,およびコンフィグレーション可能なレジスタを備えています.論理アレイは,AND とOR を組み合わせて論理回路を構成します.レジスタについては,クロッククロック・イネーブル,プリセット,クリアを個別に設定できます.マクロセルの構成はPLD 開発ツールが自動的に設定するため,ユーザがマクロセルの構造を意識する必要はありません.Altera 社のMAX V CPLDマクロセルではなく,LUT 方式を採用しています.