線形帰還シフトレジスタと直訳される,疑似乱数を生成するための論理回路です.数個のDフリップ・フロップと数個のXORゲートで構成できます.疑似乱数の周期はDフリップ・フロップの段数とタップの位置で決まります.従って,伝送路のBER測定等に利用する場合は,ISIの影響に対して十分に長い周期のLFSRを構成する必要があります.