I/O 規格を変換する際に利用する回路です.I/O 規格の異なる入力と出力を直接接続しても,電圧の規格が違うので信号が伝わりません.レベル変換回路で電圧変換してから,I/O 規格の異なる入力と出力を接続します.CPLDFPGA では,一つのデバイス内に複数のI/O バンクがあるため,簡単にレベル変換回路を実現できます.