伝送路などにおいて,LCRが有限個で表される回路です.直流電流のみを扱う場合は集中定数回路となります.あるいは交流電流や過渡信号を扱う場合でも,伝送路の長さに対して周波数が十分低い,パルス幅が十分広い場合は集中定数回路となります.