もともとはバウンダリ・スキャン・テストを行うために標準化された規格(IEEE 1149.1)です.JTAG に対応したデバイスの間で接続テストなどを行えます.最近では,マイクロコントローラのデバッグ・インターフェースとしても利用されています.また,FPGA の回路情報の書き込みや内部の波形観測にもJTAG インターフェースが利用されています.