ボードに実装したデバイスをそのままプログラミングするための仕組みです.従来はICソケットにデバイスを挿入してプログラミングする方式が主流でしたが,ISPはボードに実装したままプログラミングできるので,設計変更やデバックが容易です.現在のFPGACPLDはほとんどISPに対応しています.