ディジタル信号のシリアル伝送時に,シリアル信号のビット列の前後の波形が干渉して,波形が歪むことです.シンボル間干渉と訳すこともあります.この干渉が大きくなると,伝送エラーが頻発することになります.