電源投入時などに一時的に流れる大きな電流を突入電流といいます.突入電流の発生原因にはさまざまなものがあります.例えば,電源回路では大容量のコンデンサを使用しますが,電源が投入されるとこのコンデンサへ充電される電流が突入電流の原因になります.この突入電流の影響が考慮されていない回路設計では,ヒューズが切れてしまったり,最悪の場合,電子部品が破損することがあります.