プロセッサの命令バスとデータ・バスを分離した方式をハーバード・アーキテクチャといいます.フォンノイマン・アーキテクチャのCPU では,命令とデータを同じバスを使用してアクセスするため,命令とデータの同時読み出しができませんでした.これがプロセッサの演算性能向上のネック(ノイマンズ・ボトルネック)の一つとなります.ハーバード・アーキテクチャはバスが分離されているため,このような問題が起こらず,プロセッサの性能向上に有効です.