デジタルLSI を設計する際のレベル(設計抽象度)の一つです.このレベルでは,フリップフロップやAND/OR などのハードウェア要素を用いて振る舞いが表現されます.RTL で記述された設計データが論理合成され,ハードウェアの最小要素に対応付けされたものが,ゲート・レベルということになります.