FPGACPLDなどの再構成可能集積回路の動作中,一時停止中に回路情報を書き換えることを指します.始めの回路情報で処理したデータを一旦外部メモリに記憶し,FPGAなどを再構成後に外部メモリからデータを読み出して,後半の処理を実行します.この手法により,回路面積を無限に拡張可能です.他にも,回路の一部が故障した際に故障個所を別の領域に再構成することで,耐故障性能(フォールトトレランス)を高めることが可能です.
上記一般論に加えて、FPGAベンダーであるアルテラが提供する製品では、特にトランシーバ・ブロックにおいて、トランシーバ設定を動的に変更できる機能を提供しており、この機能の事を"Dynamic Reconfiguration" と記載している場合があります。