FPGA とメモリの間のデータ転送において,データ転送中に直列終端(Rs)および並列終端(Rt)を動的にON/OFF する機能です.図 1にDOCT の動作例を示します.FPGA がバスの遠端で終端するので,ライト・サイクル中はライン・インピーダンスにマッチするようにRs がON に,Rt がOFFになります.一方,リード・サイクル中はRs がOFF に,Rt がON になります.これによりI/O 部のスタティック消費電力を削減でき,さらに部品点数の削減にもつながります.
図 1. DOCT の動作例

図 1. DOCT の動作例