実世界の信号はアナログ信号ですが,この信号をA/D(Analog/Digital)コンバータでディジタル信号へ変換し,コンピュータでディジタル信号を処理することをディジタル信号処理といいます.実世界のアナログ信号にサンプリングを行うことで離散化と量子化が行われます.サンプリングを行う場合,その信号の帯域の2倍以上の周波数でサンプリングを行う必要があります(サンプリング定理).サンプリング定理を満たせない場合は,ディジタル信号にエイリアシングと呼ばれるひずみが発生します.演算したディジタル信号をアナログ信号に戻すには,D/A(Digital/Analog)コンバータを使用します.FPGAでは主に積和演算器や浮動小数点ユニットなどをDSPファンクションと呼びますが,Digital Signal Processingのための専用LSIである,DSP (Digital Signal Processor) もあります.