DCT はディジタル信号処理でよく使われる離散コサイン変換の略語です.DCT はコサイン関数を使用した周波数変換手法であり,離散フーリエ変換(DFT)の特殊な場合と考えることができます.その計算量は,データ点数がN点の場合,N^2 に比例しますが,FFT を応用することで計算量をN log Nにまで削減できます.DCT は画像圧縮技術のJPEG や音声圧縮技術のMP3 などで使われています.