LSI 内の回路で,あるピンからLSI 内部の配線やゲート,フリップフロップなどを経由する信号の伝播がもっとも遅くなる経路をクリティカル・パスといいます.クリティカル・パスの信号伝播時間の逆数が,そのLSI が動作できる最大クロック周波数(最大動作周波数)となります.FPGA 開発ツールは,配置配線を行った後にクリティカル・パスを報告します.設計者が想定する動作周波数が得られないときは,クリティカル・パス伝播遅延時間が少なくなるように回路構成の見直しを行ったり,タイミング制約を変えて再コンパイルを行ったりします.