日本語では「巡回冗長検査」と訳されます.データを生成多項式で除算した余りを利用するエラー検出方式で,通信中のデータや保存されたデータのエラー検出などに利用されています.演算に使用する生成多項式は,通信規格などで指定されています.