Complementary Metal Oxide Semiconductorの略で,直訳は相補型酸化膜半導体となります.Metal Oxide Semiconductorの酸化膜半導体は,MOS型の電界効果トランジスタ,つまりMOSFETのことを指します.相補とは,PチャンネルとNチャンネルのMOSFETが補い合っているという意味で,例えばインバータ回路の場合は図のような構成となります.入力がLowのときは上側のPチャンネルのMOSFETがONとなりますが,下側のNチャンネルMOSFETはOFFとなります.このため,出力はHighとなります.一方,入力がHighのときは,PチャンネルMOSFETがOFF,NチャンネルMOSFETがONとなるため,出力がLowとなります.入力が切り替わる際,各MOSFETが同時にONになる瞬間があり,このとき電源からグランドへ貫通電流が流れます.この貫通電流を最小にするため,PチャンネルとNチャンネルのMOSFETはできるだけ同時に切り替わるように製造する必要があります.