定電流回路を用いて,高速伝送に必要な伝送路のインピーダンスマッチングを行う論理構造および論理レベルのことです.ただし,厳密な規格は決まっておらず,メーカによって仕様が異なります.一般に3Gbps以上の伝送に使用されます.高速伝送を行い易い反面,他の方式に比べ,消費電流が大きいという欠点があります.