同期式デジタル回路で設計されたLSI は,そのLSI 上のほぼすべてのフリップフロップに共通のクロックを供給する必要があります.クロックが伝播する信号線の経路長の違いによってクロックの到達する時間にわずかな差が出ることをクロック・スキューといいます.最近の高速動作するLSI では,このわずかなクロック・スキューがそのLSI の動作周波数を決定してしまう要因の一つになっています.