伝送路上のデータ化けをビット・エラーと呼びます.ビット・エラーが起きる場合,エラー訂正符号などを用いてビット・エラーの影響を減らします.関連用語:BER (Bit Error Rate)