一般には,計測器を自動校正する機能や,電子機器の細かいアナログ特性などを自動調節する機能を指します.Altera 社のFPGA では,再同期化クロックなどのクロックとデータ有効ウィンドウ(Data Valid Window)の関係を,タイミング・マージンが最大になるように自動的にセットアップする機能をオート・キャリブレーションと呼んでいます.この機能の利点は,FPGA やメモリについて,製造プロセスの特性や,動作中の電圧および温度の変動がタイミング・マージンへ与える影響を除去できることです.この機能は,ALTMEMPHY メガ・ファンクションによって使用できます.