CPU の構成要素の一つで,四則演算や論理演算を行う演算装置をALU といいます.CPU の一般的な命令実行手順は,初めに命令をフェッチ(命令をメモリから読み出す作業)し,その命令をデコード(解読)します.デコードされると命令の種類が分かるので,ALU を使用する命令の場合は,制御回路によって演算データや演算の種類がALU に送られ,ALU はその演算を行います.