ハードウェアの機能を有効にするときに“L”(Low)を入力するように設計された論理のことを指します.例えば,図 1 のPR 信号は“L”を入力することでフリップフロップの出力Q をセットするので,アクティブ・ローであるといえます.