5V耐性とは,電圧振幅が5Vの信号入力が可能という意味です.LVTTL(3.3V)とTTLを接続する場合,LVTTLTTLは多くの場合問題ありませんが,TTLLVTTLについては,LVTTLの素子が5V Tolerantでなければ絶対定格入力電圧を超えるため,接続できません.