X 線は、基本的に可視光線であり、X 線と可視光線の両方とも、光子と呼ばれる粒子が運ぶ波形状の電磁エネルギーです。これらの違いは、個々の光子のエネルギー準位、すなわち光線の波長です。 X 線撮影法は、過去数十年間にわたって利用されており、非常に安定した市場基盤を持っています。代表的な適用分野としては、マンモグラフィ、歯科、フルオロスコピー(蛍光透視法)、血管科、外科、モバイルなどがあります。(本定義の出典:HowStuffWorks.com)