タイム・ゲイン・コントロール

Time Gain Control

画像診断システムで使用されるアナログ回路。

超音波診断法

Ultrasound

超音波診断法は、音波を使用して、身体の各器官や組織の医学的画像または写真を取得する手法です。この診断法は無痛かつ安全です。超音波診断法は、軟組織(心臓、血管、子宮、膀胱など)の高精度画像を生成し、心拍や血流などの内部運動をわかりやすく示します。この診断法では、病変または損傷のある組織の検出、異常な腫瘍の発見、および多様な変化状態(胎児の発育など)を検出でき、それによって医師は迅速かつ正確な診断を行うことができます。代表的な適用分野は、心臓医学、婦人科医学、腹部医学などです(本定義の出典:St. Joseph Regional Medical Center Web サイト)。

低ノイズ・アンプ

Low Noise Amplifier

LNA は、各種医療システムで使用されるアナログ・コンポーネントです。

データ収集カード

Data Acquisition Card

画像診断システムで使用される多数のカードのうちの一つです。システムのフロント・エンドでのデータ処理(フィルタリング)を実行します。

データ統合カード

Data Consolidation Card

画像診断システムで使用される多数のカードのうちの一つです。データ収集カードによって処理されたデータは DCD に転送され、解析とバッファリングが行われます。

このページの先頭へ

  • 今さら聞けない?!「FPGAの基礎講座」
  • FPGA特集記事 FPGAに関する最新情報を分かりやすく開設

FPGA 関連情報

ピックアップ用語

オンチップ・デバッグ
開発中のFPGA の内部・外部の信号を,そのままの状態で,オシロスコープやロジック・アナライザなどの計測器を使用せずに計測する手法です.従来のデバッグ方法では,LSI から出力される信号をロジック・ア...
全文
動的再構成(ダイナミック・リコンフィギュレーション)
FPGAやCPLDなどの再構成可能集積回路の動作中,一時停止中に回路情報を書き換えることを指します.始めの回路情報で処理したデータを一旦外部メモリに記憶し,FPGAなどを再構成後に外部メモリからデータ...
全文

お役立ちリンク